ホーム > 外科治療学について:臓器グループ

沿革

初代教授 秋谷良男先生

昭和12年(1937年)横浜市立十全医院に外科医長として赴任された。
大正12年 東京帝国大学医学部卒業

第二代教授 和田達雄先生

昭和38年(1963年)着任 (昭和23年 東京大学医学部卒業)

第三代教授 松本昭彦先生

昭和51年(1976年)着任 (昭和31年 東京大学医学部卒業)

第四代教授 高梨吉則先生

平成10年(1998年)着任 (昭和44年 横浜市立大学医学部卒業)

第五代教授 益田宗孝先生

平成18年(2006年)着任 (昭和55年 九州大学医学部卒)

エピソード

具進会会長 井出 研(34年卒、35年入局)

「横浜市立大学医学部第一外科 草創のとき」
横浜開港(1859年)直後に来日した宣教医師シモンズの協力で出発した十全医院は在野のヘボンの外科診察と並んで大きな足跡を残している。大正12年の関東大震災によって壊滅した十全医院はその3年後、大正15年に東洋一とも謳われた偉容と設備をもって現在の市大センター病院の地に新築された。

天野 富薫 (40年卒 41年入局)

「和田外科から松本外科」
  和田教授が2代目の教授となり、「一般・消化器外科を主として胸部心臓血管外科の特色をもった外科学教室」となった。また外科全般にわたる診断、治療に広い見識と技量を併せ持った外科医の養成を行うこととなった。私が入局した時は和田教授、松本喜幹助教授、松本昭彦講師、野末講師以下教室員が約40名いたが、殆んど卒後5,6年以下で無給医、未婚者であった。よく遊べ、よく学べと教授〔当時40歳〕以下連れ立って巷を徘し、そこでも教授から勉強しろ{研究する自由はあるが、研究しない自由はない}と尻を叩かれた。