ホーム > 外科治療学について:教授挨拶

教授 ご挨拶

益田 宗孝

JW Player goes here

平成18年5月に九州大学循環器外科より外科治療学教室(旧第一外科)に着任致しました。伝統ある横浜市立大学の一員に加えていただき、身の引き締まる思いであります。

 専門は心臓血管外科で、九州大学、ベルギー国ルーバンカトリック大学及び福岡市立こども病院で修練を積み、先天性心疾患と後天性心疾患(虚血性心疾患、弁膜症心疾患、胸部大動脈瘤)をほぼ同等に担当して参りました。不整脈の外科治療、心不全の外科治療や心臓移植にも関わって参りました。診療、教育、研究の面でこれまでの私の経験が少しでも皆様のお役に立てることを願っております。

 私どもの外科治療学教室(旧第一外科)は、外科全般にわたる治療を幅広く担当しております。臨床部門としては消化管(食道・胃・小腸・大腸)、肝胆膵、甲状腺、乳腺、肺・縦隔を含む一般外科と、先天性心疾患、後天性心疾患、大血管疾患を含む心臓血管外科に分かれて診療に当たっております。それぞれ、外科専門医と心臓血管外科専門医が個々の患者さんにあった適切な治療を提供するように努めております。また、患者さん個々の疾患の治療のみならず、相互の専門性を生かして患者さんの全身の管理にも努めております。各疾患につきましてはホームページ内で説明を致しておりますので、ご参照頂ければ幸いです。

 現在ではいくつもの病気を抱えておられ患者さんが稀ではなくなってきました。私どもでは、ただ単に一つの病気を治すのではなく、患者さんが少しでも満足できる生活を送れるようにお手伝いすることを使命と考え、横浜立大学病院における他の科との連携のみならず、横浜市立大学付属市民医療センターとの連携や地域の病院との連携を進めてまいります。

 また、医学生や看護学生、若い医師の教育も地域や日本の医療へ貢献する大きな使命の一つであります。医療の将来を担って行くこれらの者達が、患者の皆様に接することも多いかと存じますが、指導を担当する医師、看護婦が責任を持って指導して参りますので、ご協力の程を宜しくお願い申し上げます。

 最後に外科を目指している医学生や若い医師の方々には、外科専門医はもちろんの事、より高度な専門性(消化器外科専門医、呼吸器外科専門医、心臓血管外科専門医、など)を目指していただけるようなカリキュラムを作成中であります。症例数豊富な関連病院との連携によりスペシャリティーの高い外科医の育成を目標といたしておりますので、興味のある方はご連絡下さい。

利野 靖

JW Player goes here