ホーム > 研修医・学生の方へ:後期研修プログラム

横浜市立大学附属病院 研修プログラム

1 研修の特徴及び狙い

当科は多岐に渡る領域の外科治療を行う総合外科医局です。
専門的研修に加え、カンファレンスや病棟、救急外来で多彩な病態や手技に触れることができます。
医局全体の雰囲気も良く、指導好きなスタッフが多く在籍しています。
外科系志望でない方にも外科の醍醐味を経験していただけると思います。

2 研修の内容及び方略

勤務形態:
下記の3グループのいずれかに配属され、グループ患者全員の担当医となります。

①成人心臓血管・小児心臓
②消化器
③呼吸器・乳腺・甲状腺

項目別:
【手術(術者)】
 開腹・開胸、閉創/鼠径ヘルニア・虫垂炎・CVポート挿入
【手技・検査】
  末梢・中心静脈ルート確保、胸腔・腹腔穿刺、消化管造影、胃管・イレウス管挿入
【周術期管理】
  輸液・栄養管理、ドレーン管理、創処置、周術期合併症管理
【カンファランス】
 術前プレゼンテーション(鼠径ヘルニア、胆石、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌など)
 術前画像評価やプレゼンテーションの仕方を指導します。
【教授回診】
 担当患者のプレゼンテーション
【研究会・学会発表】
 必須ではありませんが、積極的に推奨しています。
【ドライラボ(学生実習期間のみ、縫合実習)】
 自分も練習しつつ、学生の指導もお願いします。
【ウェットラボ】
 豚の皮・消化管・肺を用いた縫合、切除、吻合(不定期、年4~8回程度)

3 研修スケジュール

4 指導体制

指導医数:21
専門医:心臓血管外科5、消化器外科8、呼吸器外科2、内分泌外科1、乳腺1

内視鏡外科技術認定医(消化器外科):4

5 研修期間

1年目、2年目問わず2か月以上が望ましいが、1か月でも可.
2か月の場合は1か月ごと2グループも可(配属グループは希望尊重、偏りがある場合は相談)

6 定員(同時期に受け入れ可能な研修医数)

1年目、2年目問わず 合計4人まで(心臓1,消化器2,呼吸器乳甲1)

7 問い合わせ先

担当 : 石川善啓
E-mail: y_ishikw@yokohama-cu.ac.jp